CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
散骨と粉骨の最新情報
骨壷の蓋の開け方
0
    骨壷の蓋は大きく分けて2種類あります。まずは蓋を乗せるだけのもので、蓋は上に持ち上げると簡単に開きます。もう一つはくさび式になっているもので、骨壷の蓋の下の外側に2箇所の凸があり、容器の口の上の内側には2箇所の凹がありますので、凸と凹を合わせて右か左に回すときつく閉まるようになっていますので、この方式は右か左の回る方に回してみて、ゆるくなったところで蓋を引っ張り上げます。引っ張り上げる時にカタカタと引っかかっているようでしたら、少し回しながら引っ張り上げてください。この仕組みを知らない方は、骨壷は二度と開かないものだと思うようです。
    | 遺骨 | 18:47 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    お遺骨は水に溶けるか
    0
      お遺骨は水に溶けるかという疑問を検証してみます。まずは骨壷の中のお遺骨に水を入れた場合に溶けるかということを考えます。骨壷には火葬場で荼毘に付した故人様のお遺骨が入っています。骨壷はネジ式の蓋がぴったりと閉まるタイプのものと、単に上から蓋を被せるタイプのものがありますが、屋外のお墓に納骨すると長い年月をかけて気温の変化や湿度の変化で結露したり湿気を帯びたりして少しずつ湿気を含んできて、やがて水がたまってきます。骨壷は単に上から蓋を被せるタイプのものの方が水がたまりやすいです。もともとお墓の中は暗くて湿度が高いですから、壷の密閉性がかなり影響します。骨壷の蓋をビニルテープなどで止めたりして完全に密閉すれば、1年ぐらいたってもかなりサラサラの状態であることが多いです。水の溜まり方ですが、何十年も経った骨壷を出してみると、蓋の所ぐらいまで水が溜まっていることがよくあります。そういう時には蓋をしたまま骨壷を横向けにして水を抜きます。さて、中のお遺骨の状態ですが、水には若干溶けているようですが、お遺骨そのものは全くそのままです。水に溶けたのは骨壷の中に入っていた灰で、ある程度まで溶けますが、飽和状態になると、それ以上は溶けません。結論としてお遺骨はほとんど水に溶けないと言えます。
      | 遺骨 | 10:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |