CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
散骨と粉骨の最新情報
最近のお墓はお化けが出ない
0
    私の子供の頃には小学校の帰りにお墓の横を通るのがとても怖かったことを覚えています。お墓はお化けが出る所だからです。お墓というものは、古くて苔むしていて、朽ち果てた塔婆が散乱していたりして、子供にとってはとても怖い存在で、暗いイメージでした。近寄り難い雰囲気があったと思います。ところが最近のお墓は洋風のお墓が増えてきて、とてもお洒落で書いてある文字が素晴らしい!「愛」や「和」、「家族」や「絆」など、とても素晴らしい言葉ばかりです。今日は「SMILE」と書いてある洋風のお墓を見つけました。こんな明るいお墓にはお化けが出そうにありません。最近はお化けの出番が無くなってきたように思います。
    | お墓 | 19:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    墓は子孫のために残すもの
    0
      近年はお墓の必要性について議論されることが多くなりましたが、お墓は亡き人を祀る場所であるとともに、今生きている人が先祖から続いてきた命を実感し、やがては自分も入る場所なのです。先祖を祀り感謝するという目的と、子孫長久を願う2つの大きな目的があると思いますが、子々孫々に亘って絶えることの無い家は厳密に言えば存在しないでしょう。いつかは跡継ぎが途絶えてしまうものなのです。跡継ぎのいない人にとって、お墓をどうするかという問題は深刻な問題として今後ますます増えていくことでしょう
      | お墓 | 11:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      やすらか庵の夕陽
      0
        やすらか庵は千葉県の若葉区にありますが、私が自然志向で田舎暮らしを望んだこともあり、周りは田んぼと畑ばかりです。夕陽が綺麗でしたので、やすらか庵の門の近くで思わず写真を撮りました。

        やすらか庵の夕陽
        | やすらか庵 | 18:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        散骨に使う水溶性紙とは
        0
          散骨に使う水溶性紙とは水に溶ける紙のことです。普通の紙は水に入れるとフニャフニャにはなりますが、水に溶けてしまうようなことはありませんが、水溶性紙はすぐに溶け始めますので、海の散骨では必需品です。粉骨したお遺灰を袋に入れるわけですが、袋ごと海に入れることが出来ますので、お遺灰を残さずきれいに散骨できるというメリットがあります。また、散骨する人数分準備しておけば、一人一人が参加出来るというメリットもあります。やすらか庵で販売しています。

          水溶性袋販売
          | 散骨 | 20:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          お遺骨は水に溶けるか
          0
            お遺骨は水に溶けるかという疑問を検証してみます。まずは骨壷の中のお遺骨に水を入れた場合に溶けるかということを考えます。骨壷には火葬場で荼毘に付した故人様のお遺骨が入っています。骨壷はネジ式の蓋がぴったりと閉まるタイプのものと、単に上から蓋を被せるタイプのものがありますが、屋外のお墓に納骨すると長い年月をかけて気温の変化や湿度の変化で結露したり湿気を帯びたりして少しずつ湿気を含んできて、やがて水がたまってきます。骨壷は単に上から蓋を被せるタイプのものの方が水がたまりやすいです。もともとお墓の中は暗くて湿度が高いですから、壷の密閉性がかなり影響します。骨壷の蓋をビニルテープなどで止めたりして完全に密閉すれば、1年ぐらいたってもかなりサラサラの状態であることが多いです。水の溜まり方ですが、何十年も経った骨壷を出してみると、蓋の所ぐらいまで水が溜まっていることがよくあります。そういう時には蓋をしたまま骨壷を横向けにして水を抜きます。さて、中のお遺骨の状態ですが、水には若干溶けているようですが、お遺骨そのものは全くそのままです。水に溶けたのは骨壷の中に入っていた灰で、ある程度まで溶けますが、飽和状態になると、それ以上は溶けません。結論としてお遺骨はほとんど水に溶けないと言えます。
            | 遺骨 | 10:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |